忍者ブログ
雑談がメインで、ゲームのレビューや文章なんかも書いたりする弥太郎のブログです。
■ カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
■ フリーエリア
■ 最新コメント
(12/03)
(12/03)
(09/26)
(09/26)
(09/24)
■ 最新記事
■ 最新トラックバック
■ プロフィール
HN:
弥太郎
性別:
男性
職業:
高校生(受験勉強真っ盛り)
趣味:
読書・ゲーム
■ バーコード
■ ブログ内検索
■ アクセス解析
[29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

始めてみました過去の名作レビュー。
ストーリー・操作性とシステム・グラフィック・音楽・総合を各10点満点でつけていきます。
今回は、初出はメガCD、その後移植されたPS・SSよりルナ シルバースターストーリーです。

あらすじ
辺境の村に住む少年アレスは伝説のドラゴンマスター・ダインに憧れていた。ある日友人ラムスに誘われ、喋る猫(?)ナルと幼なじみルーナと共に白竜の洞窟へと向かう。そこで見たのは、伝説の白竜ファイディ。彼の試練を見事に乗り越え、その証である白竜の指輪を貰ったことをきっかけに、アレスはドラゴンマスターを目指して旅にでるのだった。
ストーリー…7点
RPG王道のストーリー展開。最近のRPGの話がややこしすぎるのを考えると、昔ながらのさっぱりした感じがある。でも根っこではしっかりした展開であり、プレイヤーを退屈させないのがいいところ。

操作性・システム…8点
SS版が出たのが約7年前。当時のシステムをしっかり受け継いだPS版においても、ロードは長くはないし、戦闘もスムーズに進んで、エフェクトの派手さで迫力はある。システムも、味方の配置を自由に変えれるのがよかった。

グラフィック…8点
今の感覚で言えば4点位。でも全編中55分のアニメーションは昔にしては衝撃だった。

音楽…9点
バリエーションがたくさんある。
ボス戦闘だけでも確か3曲。
特にラスボス戦の「GO and GO」が最高にいい。まさに最終決戦という感じ。

総合…8点
過去の作品としては間違いなく良作。特にSSでは最高峰のRPGであったと思う。
一本道で入りこみやすくスムーズに進むストーリー。飽きない戦闘や印象に残るサウンド。但しやりこみが好きな方にはあまりオススメできない。なにせ本当に一本道なので。


来週のレビューは、ルナの続編、ルナ2エターナルブルーです。


平たく言えば人間と魔族との戦い。だけどそれに裏設定的に語られる15年前の魔導大戦の存在がある。
ドラゴンマスター・ダインと、魔術師ガレオンとレミリア、そして獣人メルの四英雄と魔族の戦いである。

戦いのあと、彼らは女神アルテナのいない世界で、それぞれの場所で平和を守るが、ガレオンは密かに神の復活を願っていた。彼は魔族と結び、自らが神になろうとするんですよ。
結局、ガレオンひとりの欲望と言ってしまえばおしまいなんですが、彼が願っていたのは魔族を含む、全ての人々の平和ではなかったか。このゲームを通して見ると、最終的に正義だったのは強引すぎただけで、ガレオンのほうにあったのかもしれない。
続編にも彼の話は出てきますが、狡猾でありながらも、ルナシルバースターストーリーの中で最も慈愛に満ちていたのはガレオンだったと思いました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]